TOP > 「ハンニバル」次回作の舞台は●●?!
 ← オリックスよ 目を覚ませ! | TOP | インフルエンザ異常行動 未成年者を救おう!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


「ハンニバル」次回作の舞台は●●?! 

2007年03月01日 ()
海外ニュース * ニュース
レクターいよいよ上陸!「ハンニバル」次回作の舞台は日本
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000038-sanspo-ent


殺人鬼ハンニバル・レクターがいよいよ、日本にやって来ます。

あのアンソニー・ホプキンスの狂演が、また見れる、しかも舞台は

日本だなんて・・・。

ぞくぞくしてきました^^


アンソニー・ホプキンスとは?

アンソニー・ホプキンス(Anthony Hopkins, 1937年12月31日 - )は、イギリスのウェールズ出身の俳優である。実家はパン屋。
ティーンエイジャーの頃から演じることに興味があった。ウェールズの演劇学校で学んだあと、陸軍に入隊。除隊後に再びロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アートで演技を学び、舞台俳優としてキャリアをスタートさせた。「演技というものは絵空事であって、その要素はすべてシナリオの中にある」というのが持論で、どのような役であっても特別にリサーチして演じることはないとされる。これは役柄の徹底的なリサーチに基づいたリアリティを追求するロバート・デ・ニーロなどの演技スタイルと対極にあるともいえ、デ・ニーロ等のアプローチを批判し「馬鹿げている」と罵ったことでも有名。
その持論ゆえ、台本のチェック・暗記は徹底的に行い、撮影の際にはきわめて自然で役柄本人になりきっているかのような卓越した演技力を発揮する。舞台で培われた卓越した重厚感、気品と知性溢れる存在感は映画においても如何なく発揮され、1968年『冬のライオン』、1974年『人形の家』、1978年『インター・ナショナル・ベルベット』などが代表作となる。
1980年には、デイヴィッド・リンチ監督作品『エレファント・マン』にドクター役で主演。日本で一般的に知られるようになるのはこの頃からである。
「羊たちの沈黙」で演じたハンニバル・レクター博士の役で一躍有名になった。この作品でアカデミー主演男優賞を受賞した。その後も続編である「ハンニバル」、「レッド・ドラゴン」で同じ役を演じている。ちなみにハンニバル・レクターのイメージに反し、アンソニー本人はベジタリアンである。『8月の誘惑』では監督業にも進出した。 3度結婚していて、最初の妻との娘が1人いる。また、彼はイギリスから1987年にコマンダーに、また1993年にはナイトに叙勲されており、名実ともに現代を代表する名優の一人となった。
現在はロサンゼルスに住み、2000年にはアメリカの市民権を得ている。何月何日が何曜日だったかという、日付と曜日を即座に計算できる特技を持つ。


超有名人が集うランキングサイト



裏ニュース速報24時 トップページへ戻る
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.01(Thu) 17:53] エンターテイメントニュースTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← オリックスよ 目を覚ませ! | TOP | インフルエンザ異常行動 未成年者を救おう!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yahoonews47.blog95.fc2.com/tb.php/28-fb675f67
 ← オリックスよ 目を覚ませ! | TOP | インフルエンザ異常行動 未成年者を救おう!

リンク

カテゴリー

最近の記事

ランキング

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。